2022年07月11日

本当に大事なことは問い続けること

協調性をしっかりと理解したい

学校然り、チーム然り、社会然り、複数の人が集まる組織は協調性を求める。
「協調性は、性格や意見などが異なる周囲の人たちと譲り合いながら調和できる性質や、利害関係が対立する相手と調整しつつ問題を解決しようとする性質を表す言葉です。 仕事においては、意見や立場が異なる利害関係者と適切な関係を構築して協力しながら目的などを達成する能力といえる」ネット引用

目的に向かって互いに調和し解決する。自我を押し殺すとは違う。対話して目的に向かって解決しようと自分は解釈する。

そこで、自分は世の中の現場に違和感を感じる。
自分が何をやりたいのか問うことより、組織の為に何が出来るのか、要領よく応えられるか、そこに評価があり、それを自分の喜びとして行う。
難しいことも、ここで逃げては駄目だ!負けたら駄目なんだ!と言い聞かせ応えることが良しとしてきている。器用に出来る人は重宝され、できない人は苦しそうである。
このどちらの人も、その組織に応えることの先に何があるのか?その先が自分の目的なのであれば良いが、その先に何も思わないのであれば考えなくてはならない。何に頑張っているのだろうか?と。
組織に合わせ、応えることが目的になると応えられないときはとても苦しく、楽しくない。

「皆んな違って皆んな良い」「オンリーワン」だのと言ってる国が組織の中で管理しやすいように仕向けているように思う。

協調性は必要。目的に向かう為に力を合わせる。一人では出来ないことだから組織がありチームがある。好き勝手にやっていいのは自己責任が伴う。組織の中で自分を発揮するとは、自分の強みが何なのかを問い続け、目的に対して自分を発揮することが楽しさに変わると、組織に取っても必要な人になる。

顔色伺って応えてるうちは目的に向かっていない。目的をしっかりと見据え、目的を理解した人はパワーが違う。

評価をするは自分自身である。死ぬまで自問自答。問い続けることが成長である。本当にこれで良いのかどうか…?このままで良いのか…?

まず自分の目的を問いたい。
posted by メガネコーチ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: